スピルリナ大学

スピルリナの知識、効果をまとめたサイト

魅力的なスーパーフード、スピルリナについて

      2017/01/29

スーパーフードスピルリナ

注目食品スピルリナの魅力とは何か

スピルリナはレバーに匹敵するほどの豊富なビタミンやミネラル、タンパク質などを含有し、生物に欠くことのできない天然色素なども豊富に含まれている注目度の高い食べ物です。スピルリナは良質な大量のタンパク質を半永久的に生産することが可能で、ミネラルやビタミン類などもとても理想的なバランスで含まれているため、とても注目度の高い食べ物です。スピルリナは体内でのエネルギー生産や必須不飽和脂肪酸含有量などが高く、1927年にはじめて発見されて以来、人間に必要な栄養素が豊富に含まれている食べ物として注目されています。

スピルリナはもともと、藍藻類とよばれる水中藻の一種です。クロレラや水前寺海苔の仲間で、生きた化石ともよばれて、35億年前と同じ形態を保っていて、その1本1本がバネのようなスパイラルのような構造をもった植物です。

1967年にフランスの国立石油研究所にいたクレマン博士が、将来の人口の爆発的増加に備えて、食糧問題を解決するためにこのスピルリナに注目したのが始まりだといわれています。博士がメキシコで開かれた国際会議でスピルリナの高吸収性のタンパク質について紹介したところ、その後食品としてとても多くの人から脚光を浴びるようになり、現在、アメリカの食品医薬品局にスピルリナは栄養食品としても認められています。そして、効果的なダイエット食品として注目されています。

スピルリナは置いておくだけで良質なタンパク質を半永久的にしかも大量に生産することができる植物なのです。スピルリナの栄養素には豊富なミネラルやビタミン類などがあり、しかもそれらが人間の必要量にピッタッと一致しているため、体内でも高い効率的なエネルギー生産ができ、必須不飽和脂肪酸含有などにも優れている理想的な植物です。

スピルリナは水中藻の仲間のスーパーフードなのです。栄養価がたいへん高く、スピルリナ1品だけでなんと40種類以上もの栄養素が摂取できるのです。さらに、スピルリナ自体も生命力がとても高くて、生命活動に必要な栄養素を自らしっかりと作りだすことができます。スピルリナが作る栄養素は人間が必要とする栄養バランスに近く、とても理想的なのです。

スピルリナと青汁の栄養分の違いについて

スピルリナは青汁と色が似ているので、一見すると見た目にはあまり違いが分かりにくいといわれています。しかし、スピルリナと青汁とでは原料が違うのです。スピルリナは35億年前から地球に存在しているという藻の仲間が原料です。それに対して青汁は、代表的な原料がケールで、大麦若葉や明日葉などが挙げられています。つまり、海藻ではなく陸上の植物という点が大きく異なります。そして、スピルリナに含まれている成分は、青汁を大きく上回っていると考えられています。

青汁とスピルリナの含有成分と比較すると、例えばベータカロテンはスピルリナには100g当たり約200,000~450,000含まれています。これはケール青汁の約2.3倍大麦若葉青汁の約15.1倍になっています。また、ビタミンB1については、スピルリナは100g当たり約2.2~4.8含まれています。これはケール青汁の大体9.2倍大麦若葉青汁の約5.5倍の量に当たります。ビタミンB2については、100g当たり約2.2~4.8の量がスピルリナには含まれています。これは大麦若葉青汁の約2.2倍になります。鉄分は100g当たり約61.7~115、ケール青汁と比較すると約9.8倍となっています。ナイアシンについては100g当たり約11.7~20含まれており、大麦若葉青汁の約6.2倍ビタミンEについては100g当たり約6.3~12、大麦若葉青汁の約2倍の含有量となっています。

  • βカロテン:ケールの約2.3倍、大麦若葉の約15.1倍
  • ビタミンB1:ケールの約9.2倍、大麦若葉の約5.5倍
  • ビタミンB2:大麦若葉の約2.2倍
  • 鉄分:ケールの約9.8倍
  • ナイアシン:大麦若葉の約6.2倍
  • ビタミンE:大麦若葉の約2倍

また、スピルリナには植物特有の色素、フィコシアニンが含まれています。フィコシアニンは色素タンパク質と呼ばれる光合成色素で、藍藻や灰色藻などに多く含まれテいる色素です。免疫力を高める働きや、肥満予防をする働きがあってダイエットという点でも注目されています。また、抗酸化作用があるので、生活習慣病を抑え、ガンなどの予防にも役立ちます。美容にもよいのでおすすめです。また、体を温める働きもあるので冷え対策にもよく、女性にとって優しい成分が詰まっている食品といえます。
大麦若葉と比較しても、アミノ酸含有量も高く、ビタミン類も豊富に含まれています。その他の成分についてもスピルリナのほうが上回っているといえ、何といっても女性にとっては嬉しい美肌効果が高いという点も魅力的です。

スピルリナの魅力とその理由について知ろう

スピルリナはレバーに匹敵するほどの豊富なビタミンやミネラル、タンパク質などを含有し、生物に欠くことのできない天然色素なども豊富に含まれている注目度の高い食べ物です。スピルリナは良質な大量のタンパク質を半永久的に生産することが可能で、ミネラルやビタミン類などもとても理想的なバランスで含まれている理想的なスーパーフードです。スピルリナが作る栄養素は人間が必要とする栄養バランスに近く、とても理想的なのです。

スピルリナは青汁と色が似ており、一見すると見た目にはあまり違いが分かりにくいといわれています。しかし、スピルリナは35億年前から地球に存在しているという藻の仲間が原料で、青汁はケールや大麦若葉や明日葉などの陸上の植物が原料という点が大きく異なります。そして、スピルリナに含まれている成分は、青汁を大きく上回っているのです。このような魅力的なスーパーフード、スピルリナをぜひ摂取したいですね。

 - スピルリナとは